Built with Berta.me

  1. (満員御礼) 無印 京都イオンモール 2018.09.02  

    当世日本茶湯見聞記 ー点前のかたちー

    『点前(てまえ)』は、茶を点てるときの手続きを指します。
    はじめ、茶は客には見えぬ場所で点てて持ち出すものでした。
    芸能としてではなく、禅と縁を結び、点茶の過程が客の前に出てきたのは、美しさのためではなく、その人そのものを差し出す手段としてでした。

    点前のかたちや意味を分解し、それを今の生活に繋げてみましょう。ワークショップと、お茶一服です。

  2. ゆる茶 6月9日

    13時~16時 ふらっとどうぞ~

    ・喜捨・

  3. 月釜 3月10日
    花咲く季節
    お互いに自分に
    花を入れてみようと思います

  4. わちゃわちゃ 9月10日

    茶を飲み、話し、のんびりし
    そしてまた茶を飲む

    あれ、二煎目は味が違うような、三煎目はさらに違う!
    そんな風に茶を楽しむ会です

    有機の日本茶をご用意いたします

    茶坊主: ティアス宗筅 
    https://www.teacrane.com/

  5. 「一日喫茶」 

    5月14日
    午後1時~3時 ゆる茶
    午後3時~5時 コーヒー坊や(おすすめ)

    ふらっとお立ち寄りください~

  6. 5/13(土)、GALLARDAGALANTEさんの会があります。

    テーマは『コーディネート』。
    ファッションとお茶、両者の共通点は多いです。
    茶の言葉では『取り合わせ』。
    境を混ぜこぜにしていきます。

    菓子は楽しいものを、和菓子店 青洋さんにお願いしています。
    ご予約は下記より。

    http://www.gallardagalante.com/news/detail-workshop-order-form/

  7. 陶々座 / 10月10日

    今は昔、元和年間(1615~1623年)。
    京四条河原には7つの櫓が構えられ、人々が貴賎を問わずに集い、プロともアマとも言えぬ芝居を楽しむ場であったそうな。
    しかし時代と共にひとつ減り、ふたつ減り、今や南座を残すばかり。
    けれど、増えることもございましょう。

    演者と観客を繋ぐ、「演観クロス」から波長しまして、皆様を河原の向こう、『あちら』の世界へご招待いたします

    今も昔も、面白きことは常に中心の周辺で起こるそうな。
    都の外れ、まつろわぬ民の集う紫野の櫓へ、是非お運び下さいませ。


    公演日   : 10月10日 / 14時開演
    会費 : 2000円
    場所 : 陶々舎
    定員  : 8名
    全席自由席

    前回の様子:
    http://www.totousha.com/totouza/

  8. 利き抹茶の会 8月21日

    濃茶用に薄茶用、抹茶は様々あるけれど、一体どれほど違うのか。
    一度に試して、比べてみませんか。

    抹茶は宇治の「丸久小山園」から、数種類を皆様に飲み比べてもらいます。

    日時: 8月21日(日) 午前10時~12時頃
    参加費: 2000円(抹茶数種の飲み比べ、お菓子付)
    定員: 満員御礼

    丸久小山園 茶目録
    http://www.marukyu-koyamaen.co.jp/catalog/chamokuroku/HTML5/sd.html#/page/4

    tel: 090-4616-3887

    前回の様子
    http://www.totousha.com/kiki-cha/

  9. にっぽん筆おろし / 6月25日

    昔のいけてる線画をなぞってみる企画
    今回のテーマはもちろん、「新春」です
    ガイドは飲んだくれ絵屋・いさやま

    定員:6名(主催者は含みません)
    (参加表明は参加ボタンぽちりで)
    料金:1500円
    時間:17時より

    場所:陶々舎

  10. 聞香  11月22日

    日時: 11月22日 11時
    定員: 満員御礼
    会費: 2000円
    亭主: 森脇香鶯

  11. 鴨茶

    鴨川・出町柳 西の川沿い / 15時~17時頃

    スケジュール / 5月4日・10日・17日・24日・30日

  12. 「故 全日根 花入と人形展」

    2月17日(火) - 22日(日) / 12時〜16時 / 陶々舎 

    / 期間中2月11日(水)は茶会を開催します / 花屋 みたて 
    / 期間中2月18日(水)19日(木)は花教室を開催します / 陶々舎

  13. 全日根 茶碗展

    茶碗も作ってみるのだが、底がへこんでないとイケないとか、色々約束があって、結構むずかしいですワ、と生前全さんから聞いたことがあります。私は、茶碗が出来たと全さんが持って来るのを待っている気でした。亡くなって、全さんの窯場に行ってびっくりしました。茶碗が沢山あるのです。あんな風に言いながら織部風のものや、安南風のもの、オリジナルなものなど色々作っていたのです。みたての心でみると、キワの茶碗が多く、非常に愉しいと茶人福太朗君の感想です。ならば、皆様に全さんの茶碗を紹介してみようと思いました。没後3周年、11月19日の命日を期し、茶碗展を開催させて頂きます。茶碗として使って、観て頂くのが良かろうと下記の様に茶会を開いて頂きます。お好みにかなう一点を見出して頂ける様祈っています。

    ●11月22日(土) 

    時間:①14:30 ②15:30 ③16:30 

    ※席は各回定員6名で、お一人宛でお申込み頂けます。(川口美術宛にお申込下さい。) 

    ※尚、陶々舎では朝11:00から月釜が開かれます。

    どうぞご参加下さい。(月釜は陶々舎にお申込下さい。) 

    ※加えて、夜19:00~22:00に展示会付酒席もございます。

    こちらは申込不要です。どうぞお越し下さい。